参院埼玉補選 前知事の上田氏初当選 投票率20・81%

 参院埼玉選挙区補欠選挙が27日投開票され、無所属で前埼玉県知事の上田清司氏(71)が、NHKから国民を守る党(N国)の党首、立花孝志氏(52)を破り、初当選を決めた。投票率は20・81%で、補選を含む戦後の衆参両院選で4番目に低い結果となった。

 補選は、8月の同県知事選で初当選した大野元裕氏の参院議員辞職に伴うもので任期は3年。今月1日の消費税率10%への増税後初の国政選挙で、自民党は独自候補擁立を見送った。

 上田氏は衆院議員を経て知事を4期16年務めた実績を強調し、幅広い層から支持を集めた。立憲民主、国民民主両党県連は自主的に支援し、自民党も上田氏が憲法改正に前向きな姿勢を示しているとの理由で自主投票を決めた。

 立花氏は、NHKに受信料を支払った人だけが番組を視聴できるスクランブル放送化や消費税率5%への引き下げを主張していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ