安倍首相「友好親善の一層の発展を」晩餐会あいさつ全文

 安倍晋三首相が23日夜の首相夫妻主催晩餐(ばんさん)会であいさつした全文は次の通り。

 ご列席の皆さま

 このたびは、天皇陛下の即位の礼にご参列をいただき、誠にありがとうございます。皆さまが多くの国や地域、国際機関を代表し遠路はるばる東京にお越し下さり、天皇陛下のご即位をお祝いしていただきましたことに対しまして、日本国政府および日本国民を代表して厚く御礼を申し上げます。また、私自身、この機会に、本日の晩餐会を催すことができましたことを大変光栄に存じます。

 わが国は、天皇陛下のご即位とともに、「令和」という新しい時代に入りました。「令和」の意味は、「美しい調和」であり、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められています。

 ただいまご覧をいただきました「狂言」「歌舞伎」「文楽(ぶんらく)」そして「能」も、わが国の歴史の中で人々の間から生まれ、時代を超えて発展・継承されてきました。

 悠久の歴史と薫(かお)り高き文化、四季折々(しきおりおり)の美しい自然。これらは全て日本の国柄(くにがら)であり、しっかりと次の時代へ引き継いでいく。春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いが、新元号「令和」には込められています。

 わが国は、この「令和」の時代において、国際社会、ここにご列席の全ての皆さまと手を携え、世界の平和と繁栄、地球規模課題の解決、科学技術や文化の発展、相互理解の促進に、一層貢献を行っていく決意です。

 わが国では現在、ラグビーワールドカップが開催されており、世界各地から集まった代表チームが熱戦を繰り広げております。来年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。さらに2025年には、大阪・関西万博が開催されます。

 今回のご訪日により、わが国に対するご関心、ご理解を一層深めていただくとともに、これら国際的なイベントをはじめ、さまざまな機会に、再び来日いただきますことを、心よりお待ち申し上げております。

 ここに、ご列席の皆さまの益々のご健勝を祈念し、皆さまのお国や地域、国際機関とわが国との友好親善の一層の発展を願って、杯を挙げたいと思います。

 乾杯

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ