韓国首相「誠実に安倍首相の発言を聞く」 公明代表に

 公明党の山口那津男代表は23日、東京・南麻布の在日韓国大使館で韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談し、悪化する日韓関係の改善に向けて協力することで一致した。打開策を見いだすため、「あらゆる知恵を絞る」との認識を共有した。

 山口氏は、24日に予定される安倍晋三首相と李氏の会談について「忌憚(きたん)なく意見交換できることを願う」と述べた。李氏は「誠実に安倍首相の発言をよく聞き、私どもの立場を説明させてもらいたい。対話を促進し、未来志向の韓日関係をつくる出発点にしたい」と応じた。

 山口氏は、昭和40(1965)年の日韓基本条約を「日韓関係の出発点」とした上で、両国間の課題を念頭に「先を見て必ず解決するという政治家の腹をもって取り組まねばならない。日本での意見を受け止めてほしい」と語った。「未来志向で取り組む責任がわれわれの世代にある」とも強調した。

 李氏は「韓国も1965年(の日韓請求権)協定を尊重し、守ってきた。これからもそうしていく。協定の一部に解釈の違いがあり、対話を通じて解決したい」と述べた。「違いにこだわりすぎるあまり対話の進展を妨げてはならない。賢明ではない」との認識を示した。

 会談には公明党の斉藤鉄夫幹事長と西田実仁(まこと)参院会長も同席した。

 西田氏によると、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決や、韓国が破棄を決めた日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)など具体的な課題は話題に上らなかったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ