韓国・文政権“降参”か!? 李首相が天皇陛下「即位の礼」参列 会談検討の“首相経験者”次第では日韓関係さらなる悪化も

 天皇陛下は22日、「即位礼正殿の儀」で国内外に即位を宣言される。韓国政府は、この儀式への文在寅(ムン・ジェイン)大統領の派遣を見送り、李洛淵(イ・ナギョン)首相の参列を日本政府に打診してきた。文政権は、チョ国(チョ・グク)法相周辺のスキャンダルや、韓国経済の末期的状況、北朝鮮主導の赤化統一への警戒感から支持率が急落し、3日には、文政権打倒を掲げる「300万人」(主催者発表)もの大規模集会が開かれた。国内的苦境に直面し、日本にすり寄ってきたのか。李氏は来日時に、安倍晋三首相や首相経験者との会談を検討しているというが、会談相手次第では日本国民を激怒させかねない。

 「即位礼正殿の儀」には、約200の国・地域や国際機関の要人が参列する。安倍首相は時間の許す限り、約50カ国の要人らと個別に会談する方向で調整に入っている。

 英国のチャールズ皇太子をはじめ、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイアー大統領、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、米国のイレーン・チャオ運輸長官、中国の王岐山国家副主席らが参列する予定だ。

 韓国は、誰を派遣するかで迷っていたが、1990年11月に行われた前回の即位礼正殿の儀に、当時の姜英勲(カン・ヨンフン)首相を派遣した前例を踏襲し、李氏に決めたようだ。

 「安倍首相と李氏の短時間会談を検討」と報じたメディアもあるが、これで「史上最悪の日韓関係」が改善するわけではない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ