北朝鮮船の衝突映像公開 菅長官「捜査への影響限定的」

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は11日の記者会見で、北朝鮮漁船と水産庁漁業取締船の衝突をめぐり、当時の様子を撮影した映像を近く公開する理由について「捜査への影響は限定的と考えられ、国民理解の促進と公益性の観点から検討している」と述べた。菅氏は映像が「衝突現場を撮影したものだ」とも語った。

 衝突時の映像の公開をめぐっては、西村明宏官房副長官が9日の記者会見で「捜査への影響もあるので公表は想定していない」と説明していた。菅氏は「初期段階だったので捜査への影響などを踏まえて適切に判断すると考えていた。そういう中でさまざまな観点から検討した結果、その影響は限定的であると判断した」と公開を検討するに至った経緯を明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ