岸田氏、自公20年「信頼積み上げてきた」

 自民党の岸田文雄政調会長は11日、自民、公明両党が平成11年10月に連立政権を組んでから20年を迎えたことについて「政策、国会対策、選挙など、さまざまな切り口で協力し、信頼関係を積み上げてきたことが20年につながった」と評価した。与党政策責任者会議後の記者会見で述べた。

 岸田氏は「引き続き日本の政治の安定のために自民党と公明党の関係を大切にしていきたい」と強調した。同席した公明党の石田祝稔政調会長も「野党時代の3年3カ月を日本のために頑張ろうと手を携えてこれたことが一番大きかった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ