首相「専守防衛の考えで国民の命守り抜く」 衆院予算委

 安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備について「専守防衛という考えの中で、国民の命と安全を守り抜くために取るべき態勢だ」と述べた。

 日米同盟をめぐっては「米国の打撃力に依存するという役割分担を変える考えはない。日米同盟全体の抑止力、対処力を強化することがわが国の防衛政策として適切だ」と強調した。

 その上で「日進月歩で技術が進化する中、国民の命と平和な暮らしを守りきれるかどうかは常に考えるべきだ」と語った。立憲民主など統一会派の前原誠司氏に対する答弁。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ