国民・玉木代表「政治は一寸先は闇であり光」 自民との大連立構想否定せず

 国民民主党の玉木雄一郎代表は10日の記者会見で、亀井静香元金融担当相が9日のBS番組で、今年夏ごろに自民党と国民との間で大連立構想が持ち上がっていたと語ったことに関し、「いろいろなことが当時(あった)。常に政治は一寸先は闇であり光だ」と述べ、否定しなかった。

 玉木氏は「亀井氏らしいおもしろい話だ」としつつ、「(玉木氏の発言だとされる)『結構だ』というのは『いいよ』ということなのか、『もう結構です』ということなのか、よく分からない」とも語った。

 亀井氏は9日のBS-TBS番組で、大連立構想について「安倍首相もOKした。玉木代表も結構だと(言った)」と言及。頓挫した理由は国民側が「立憲民主党などの野党で固まろうという方向に流れた」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ