岸田氏「ポスト安倍」へ「禅譲ありえぬ」

 自民党の岸田文雄政調会長は9日夜、都内で記者団に対し「ポスト安倍」について「(自民党)総裁選という制度がある以上、“禅譲”なんてありえない。闘わなければいけない」と述べた。安倍晋三首相からの禅譲を狙っているとの見方を否定し、あらためて次期総裁選に出馬する考えを示した形だ。BS11番組に出演後、記者団の取材に応じた。

 岸田氏は番組で「ポスト安倍ということになると、その人のもとでどんな時代がくるのか、どんな社会にしたいかを発信しなくてはいけない」と指摘。「自国第一主義、分断、格差…息苦しさを感じる世の中なので、日本だけは自由や個性、多様性を尊重する『ほっとできる国』でありたい」と自身の目指す国家像を説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ