北ミサイルは「準中距離の新型SLBM」 防衛相が公表

 河野太郎防衛相は3日夕、防衛省で記者団に、北朝鮮が2日に発射した弾道ミサイルに関し「新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる」と述べた。「通常の軌道で発射すれば、射程は最大2500キロに達する準中距離弾道ミサイルの可能性がある」との分析結果も明らかにした。

 今回発射した弾道ミサイルは、液体燃料に比べて発射準備時間が大幅に短くて済む「固体燃料推進方式」であるとも説明。発射場所は北朝鮮東部の元山沖だが、実際に潜水艦から発射されたかどうかは「さらなる分析が必要だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ