安倍首相記者会見詳報(上)内閣改造「困難な挑戦も必ず成し遂げる」

 昨日も北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。引き続き十分な警戒の下、米国などと緊密に連携しながら国民の安全確保に万全を期す。わが国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中で、外交政策と安全保障政策の連携の必要性はますます拡大している。外相を務めた河野太郎さんに次は(防衛相として)国防を担ってもらう。これまで世界中を回った経験をかてに、ダイナミックな安全保障政策を展開してもらいたい。

 内政、外交にわたる果敢な挑戦を進め、令和の時代の新しい日本を切り拓いていく。そしてその先にあるのは、自民党立党以来の悲願である憲法改正への挑戦だ。いずれも困難な挑戦ばかりだが、必ずや成し遂げていく。そう決意している。そしてそのためには何よりも安定した政治基盤が不可欠だ。政治の安定なくして、いかなる挑戦も成就することはない。

 今回も自民党の政権運営の要である二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長に留任いただくこととした。新たに加わる政治経験豊富な大ベテラン、鈴木俊一総務会長、下村博文選対委員長とともに政治の安定を支えてもらう。

 政府にあっても麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官にはそれぞれデフレ脱却、沖縄の基地負担軽減と拉致問題解決という政権の最重要課題を内閣の要として引き続き担当してもらう。

 しっかりと安定した土台を維持しながら、その上に老壮青、幅広い人材、フレッシュな強い突破力によって令和の時代の新しい国づくりに、果敢に挑戦していく。今回の内閣はまさに「安定と挑戦」の内閣だ。国民の皆さんとともに令和の時代の希望にあふれ、誇れる日本を築き上げていく。新しい安倍内閣のチャレンジに国民のご理解とご支援を賜るようお願い申し上げる。私からは以上だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ