外相横滑りの河野新防衛相「日米韓の連携重要」と抱負

 内閣改造で外相から防衛相に横滑りする河野太郎氏は11日、首相官邸で記者団に「自衛隊、防衛省の現場の活動が国民の生命、身体、財産を守ることに直結するので、有事や災害時、しっかりと活動できる現場を作れるよう努力していきたい」と抱負を語った。

 首相からは「安全保障政策の戦略的実施、安保体制を実効的に整備、日米安保の抑止力をガイドラインに従ってしっかりと整備し、北朝鮮の脅威をしっかりと抑止」との指示があったと述べた。

 韓国との安保面での協力に関しては「北朝鮮の脅威が続く中で日米韓の連携は非常に重要だ。きっちりできるように努力していきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ