「戦争発言」丸山氏、聴取出席の意向 N国党首に伝達

 NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首は6日の記者会見で、副党首の丸山穂高衆院議員が、衆院議院運営委員会から要請があれば事情聴取に応じる意向だと明らかにした。

 丸山氏は竹島(島根県隠岐の島町)に関してツイッターに「戦争で取り返すしかないんじゃないか」と投稿し、批判を浴びている。立花氏は会見で「(N国党として)処分、処罰などは一切考えていない」と強調し、丸山氏から議運の聴取に応じる意向を電話で伝えられたと明かした。

 また、立花氏は「丸山氏の発言にどういう問題があるか、具体的に批判している他党から聞きたい」とも述べ、共産党の志位和夫委員長に面会を申し入れる考えを示した。

 共産は小池晃書記局長が2日の記者会見で、丸山氏について「反省が1ミクロンもない。ただちに議員を辞職すべきだ」と述べ、「こういう人物を党に抱えた責任が問われる」とN国党を批判していた。立花氏側は小池氏にも面会を求めたが、「(党首と書記局長では)格が違う」と断られたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ