「安定と挑戦の布陣」内閣改造・党役員人事で安倍首相の予告はおもしろい

【政界徒然草】

 今の自民党内は、9月中旬に行われる党役員人事・内閣改造の話題一色に染まっている。フランスを訪問していた安倍晋三首相は8月26日午前(日本時間27日未明)の記者会見で、人事に臨む基本方針を「安定と挑戦の強力な布陣」と述べた。党内はこれをどのように読解しているのか。

「白雪のように白紙」

 「安定と挑戦の強力な布陣を敷いていきたい。わが党には老壮青、たくさんの人材がある」

 会見で首相はこのように述べた。首相は人事に関する「予告」と周囲の反応を楽しんでいるフシがある。

 前回の平成30年10月の改造人事の際は、9月26日午後(日本時間27日午前)、ニューヨーク市内での内外記者会見で「自民党は人材の宝庫だ。しっかりとした土台の上に、できるだけ多くの皆さんに活躍のチャンスをつくる」と強調した。そのうえで、大幅改造と麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官、西村康稔、野上浩太郎両官房副長官の留任を明言した。

 外遊に同行していた西村氏には、直前にトイレに誘い「続投をこれから発表するからよろしく」と伝え、西村氏を驚かせた。

 2014年夏には、チリの首都サンティアゴ滞在中に同行記者団との内政懇談で、改造人事について「私は、白さも白しアンデスの山の白雪のように白紙です」と答えた。当時は石破茂幹事長(当時)の交代が最大の焦点で、記者団は文字通り「白紙」ととらえたが、すでに首相は石破氏の交代を決めていた。

 この発言の伏線は、昭和32年の党総裁選だった。首相の祖父・岸信介元首相、石橋湛山元首相、石井光次郎総務会長の3人が争い、岸氏は大野伴睦元副総裁に支持を求めたが、大野氏は岸氏に「私の心境は、白さも白し富士の白雪のように白紙だ」と答えた。このとき、大野氏はすでに石橋氏の支持を決めていた。

 「渡邉恒雄回顧録」(中公文庫)によると、大野氏が出馬した35年党総裁選に際し、読売新聞の渡邉記者が岸氏や実弟・佐藤栄作元首相らと「大野後継」を約束したという証文の有効性を岸氏に尋ねたところ、岸氏は「私の心境は、白さも白し富士の白雪ですよ」と答えた。実際に岸氏は大野氏を支援しなかった。

 麻生氏が「白雪」に関する一連のエピソードと石破氏交代の関係を安倍首相に水を向けたところ、首相は認めたという。

焦点は二階氏の幹事長続投

 さて、「安定と挑戦の強力な布陣」だ。麻生、菅の両氏は留任する。8月24日に首相の在職日数は佐藤栄作元首相を超え、戦後最長となった。11月20日を過ぎれば、歴代最長の桂太郎元首相を抜く。盟友であり党内第2派閥の会長として首相を支えた麻生氏や、危機管理を担ってきた菅氏は代えがきかない。

 焦点は二階俊博幹事長を続投させるかどうかだ。首相が目指す憲法改正について、公明党幹部は「間違いなく『挑戦』だ」と明言している。二階氏は改憲に慎重な発言に終始している。

 首相の出身派閥である細田派(清和政策研究会)には、首相の最側近といわれる議員や若手から二階氏の交代論がある。来年夏の東京都知事選で、二階氏が自民党と敵対してきた小池百合子知事の支援を示唆していることや、野党経験がある現職国会議員を自民党や自らが率いる二階派(志帥会)に引き入れることなどへの不満がくすぶっている。

 一方で、二階氏は首相の党総裁連続4選に言及しており、二階派の議員は「二階氏を外したら4選ができなくなり、首相は死に体になる。『安定』とは程遠い」と牽制する。菅氏や岸田文雄政調会長を幹事長に推す声もあるが、中堅議員は「ポスト安倍で先行させる形になる。首相は競わせて求心力を保つ手法をとるため、考えにくいのでは」と疑問視している。

 首相が「老壮青」に言及したことで、中堅で国民の間で知名度が高い小泉進次郎厚生労働部会長の閣僚への抜擢や「首相の登竜門」とされる官房副長官への登用もささやかれている。

 今後、安倍政権は社会保障改革といった痛みを伴う政策にも取り組む構えだ。参院をまとめていた吉田博美氏の政界引退を受けて、自民党は参院の態勢を整える必要に迫られており、世耕弘成経済産業相の参院幹事長待望論は根強い。

 米国との貿易交渉で大枠合意にこぎつけた茂木敏充経済再生担当相は、外相など重要ポストへの横滑りが取り沙汰されている。西村、野上両氏は入閣の可能性がある。

 人事までほぼあと1週間。議員たちのやきもきは続く。(政治部 沢田大典)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ