菅氏、GSOMIA破棄も「防衛に支障は全くない」

 菅義偉官房長官は25日、韓国海軍が竹島(島根県隠岐の島町)で合同訓練を始めたことについて「事前の抗議や中止の申し入れにもかかわらず軍事訓練が開始されたことは、竹島がわが国固有の領土であることに照らしても受け入れられない」と強い口調で批判した。東京都内で記者団の取材に応じた。

 また、菅氏は韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに関し、北朝鮮が24日午前に発射した飛翔体についても「双方が収集した情報や分析結果を共有した」と述べた。

 菅氏は「(協定は)わが国や米国の情報に加えて補完的な情報収集のために行ってきた」とした上で、「わが国による情報収集や米国との情報協力で万全の体制をとっており、同協定が終了することでわが国の防衛に支障を来すことは全くない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ