自民・岸田政調会長「韓国に合理的な対応求める」

 自民党の岸田文雄政調会長は23日、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに関し「国と国との関係の最も基本的な部分が守られるべく、韓国側に合理的な対応を求めていかなければならない」と述べた。党本部で記者団の取材に答えた。

 岸田氏は「一連の日韓の対立は、いわゆる徴用工問題をめぐるやりとりが一つの大きな原点だと受け止めている」と指摘。「現状の北朝鮮情勢と厳しいアジアの安全保障環境を考えると、(GSOMIAの)破棄はこうした安全保障環境を見誤った判断ではないか」と苦言を呈した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ