岩屋防衛相「一時期に比べ穏やか」韓国大統領演説

 岩屋毅防衛相は15日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による「光復節」の演説について「一時期の発言に比べると非常にモデレイト(穏やか)された形になってきている」と述べた。その上で「北朝鮮のミサイル問題をはじめ日韓や日米韓の防衛協力が重要なときに差し掛かってきている。連携すべき事柄についてはしっかり連携したい」と強調した。

 文氏は、いわゆる徴用工問題などで関係が悪化している日本に対し批判を展開してきたが、演説では「日本が対話と協力の道に出てくれば快く手を握る。公正に交易し、協力する東アジアをともにつくっていくだろう」と呼びかけていた。

 一方、韓国側が破棄を示唆する日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、岩屋氏は「延長して引き続き情報交換ができる関係が望ましい」と重ねて述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ