「日米同盟強化の取り組み確認」菅官房長官、首相と米国防長官の会談で ホルムズ有志連合はやりとりなし

 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、安倍晋三首相とエスパー米国防長官の会談について「インド太平洋での平和と繁栄、そして安全の礎である日米同盟のいっそうの強化に向け、ともに取り組みを進めることを確認した」と説明した。

 中東・ホルムズ海峡の航行の安全確保を目指す米主導の有志連合をめぐっては「特段のやりとりはなかった」とした。

 一方、菅氏は北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けて「米国政府の協力を要請し、引き続き緊密に連携することを確認した」と話した。沖縄の在日米軍再編や北朝鮮を含む地域情勢などについても意見交換を行ったという。

 菅氏は自身もエスパー氏と会談し、同様のテーマについてやりとりをしたと明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ