「脅迫あってはならぬ」菅官房長官、慰安婦像の展示中止で

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で元慰安婦を象徴した「平和の少女像」などの展示が中止されたことをめぐり「一般論として、暴力や脅迫はあってはならない」と述べた。

 芸術祭の実行委員会は少女像を含む企画「表現の不自由展・その後」について「テロや脅迫とも取れる抗議」があったとして、3日を最後に中止した。菅氏は「刑事事件として取り上げるべきものがあれば、捜査機関で適切に対応する」と語った。

 芸術祭への国の補助金交付に関しては「文化庁の補助事業として採択されている。今後の取り扱いは文化庁で事実関係を確認した上で、適切に対応する」と重ねて説明した。

 2日の記者会見で補助金に言及したことが実行委の判断に影響したと考えるかと問われると「全くない」と否定。「(記者の質問に対し)国民の大事な税金を交付するので、事実関係を確認した上で適切に対応すると答弁しただけだ。私から言ったのではない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ