ポンペオ米国務長官、日韓対立の仲介案示さず 日米韓外相会談

 【バンコク=共同】河野太郎外相、米国のポンペオ国務長官、韓国の康京和外相は2日午後(日本時間同日夕)、タイの首都バンコクで3カ国外相会談を行った。日本の外務省によると、ポンペオ氏は「日韓両国が協力して前に進むことを促したい」と述べ、日本の対韓輸出規制厳格化やいわゆる徴用工問題で深まる日韓の対立緩和を求めたが、具体的な仲介案は示さなかった。

 会談で康氏は、日本が安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことに強い遺憾の意を示した。河野氏は安全保障を目的とした正当な措置だと反論した。徴用工問題で解決策を講じない韓国の対応は国際法違反に当たるとも指摘し、是正を求めていると主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ