立民・福山氏、韓国議員団と意見交換「日韓関係を憂慮」

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は1日、韓国国会議員団の徐清源(ソ・チョンウォン)団長らと国会内で面会し、いわゆる徴用工問題や韓国への半導体材料の輸出厳格化をめぐって冷え込む日韓関係について意見交換し、「今の日韓関係を憂慮している。外交はそれぞれが主張を繰り返しているだけでは前に進まない」と述べた。

 徐氏は「日韓の国会議員は厳しいことがある度にそれぞれの政府に働きかけ、架け橋の役割を果たしてきた。両国関係がこれ以上、最悪の状況にならないようお力添えをお願いしたい」と呼びかけた。

 立民の枝野幸男代表は7月31日の記者会見で、日韓請求権協定や半導体材料の輸出厳格化に関する日本政府の対応に理解を示した上で「両国の国民の感情的なもつれになっているのは遺憾だ。感情的な問題と、貿易管理や国際法の問題をごちゃごちゃにしてしまうことは良くない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ