F35A飛行再開へ 岩屋防衛相「1日も早い技能向上を」

 岩屋毅防衛相は1日、4月9日の墜落事故を受けて飛行を中止していた航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aについて、飛行訓練を再開する方針を明らかにした。「飛行の安全に万全を期すための措置を十分講じることができた」と防衛省で記者団に述べた。1日中にも飛行を再開する。

 岩屋氏は「飛行訓練は基本的な操縦訓練から段階的に進める」と説明し、当面は夜間の飛行を控える考えも示した。4カ月近く飛行が止まったことに関しては「1日も早く技能の向上を果たし、しっかりとした飛行隊として育てていきたい」と指摘。F35Aの配備計画については「遅れがないようにしたい」と語った。

 空自三沢基地(青森県)所属のF35Aは4月9日、飛行訓練中に太平洋上でレーダーから機影が消え、後の捜索で周辺海域から機体の一部が回収された。防衛省は操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥った可能性が高いと結論付け、操縦士への教育訓練や機体の点検など再発防止策を講じていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ