菅官房長官、韓国大統領の批判は「全く当たらない」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は16日午前の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本政府による半導体材料の輸出管理強化を批判したことについて「指摘は全く当たらない」と反発した。

 菅氏は今回の措置は「安全保障を目的とする輸出管理を、適切に実施する観点から運用を見直すものだ」と説明し、いわゆる徴用工問題をめぐる対抗措置ではないと強調した。

 徴用工問題をめぐっては「韓国政府に対し、国際法違反の状態の是正を含む適切な措置を早急に取るとともに、(日韓請求権)協定上の義務である仲裁に応じるよう強く求めていく立場に変わりない」と述べた。 文氏は15日、大統領府の会議で、今回の輸出管理強化で韓国企業が日本への依存から脱し、技術の国産化を進めることで「結局は日本経済に大きな被害が及ぶことを警告しておく」と述べた。「両国関係発展の歴史に逆行する」とも語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ