安倍首相、対韓輸出管理体制見直しの正当性主張

 安倍晋三首相は7日のフジテレビ番組で、韓国への半導体材料の輸出管理体制見直しについて、韓国の対北朝鮮制裁やいわゆる徴用工問題に言及して正当性を主張した。「韓国はちゃんと制裁を守っている、ちゃんと貿易管理をしていると言っているが、徴用工問題で国際約束を守らないことが明確になった。貿易管理でも守れないだろうと思うのは当然だ」と述べた。

 首相は「徴用工問題の対抗措置ではない」と強調したうえで「彼ら(韓国)が言っていることが信頼できないのでこの措置を打った」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ