参院選公示 群馬選挙区は新人の三つどもえに

 参院選は4日公示され、群馬選挙区(改選数1)にはいずれも新人で、自民公認の元県議、清水真人氏(44)=公明推薦▽立憲民主公認の元大学准教授、斉藤敦子氏(51)=国民民主支持、社民推薦▽政治団体「NHKから国民を守る党」公認の介護士、前田みか子氏(47)-の3人が立候補。三つどもえの選挙戦となった。

 清水氏は「保守王国」とされる県内の分厚い保守層への浸透を図る。斉藤氏は野党統一候補として政権批判票の受け皿を目指しており、与野党が激突する構図だ。

 選挙戦では安倍晋三首相が選挙戦で争点とする考えを示した憲法改正の是非のほか、今秋に控える消費税増税などをめぐって激しい論戦が予想される。前田氏はNHKの受信料制度に対する批判的な主張を独自に展開する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ