参院選第一声詳報 公明党・山口那津男代表「政治の安定に公明がなくてはならない」

 参院選が公示された4日、公明党の山口那津男代表は神戸市中央区で第一声を上げ、「日本の政治の安定のためには連立政権に公明党がなくてはならない」と訴えた。詳報は以下の通り。

 神戸の皆さん、おはようございます。「なっちゃん」です。ありがとうございます。いよいよ、本日から参院選がスタートします。21日の投票日まで、むこう17日間、全力で戦わせていただきます。

 ここ兵庫選挙区からは、ただいまごあいさつを申し上げました候補、初陣であります。公明党の公認、そして自民党推薦で戦わせていただきます。

 この兵庫をはじめ、公明党は全国で7つの選挙区に候補者を擁立致しました。比例代表には17人の候補者を擁立させていただきました。そして、この7つの選挙区全員当選、さらには比例代表では6人以上の当選を目指して、力を合わせ、過去最高の議席獲得へ向けて、全力で走り抜いてまいる決意であります。

 どうぞ、皆さまのお力で、ここ兵庫選挙区をはじめ、公明党の候補者、勝たせていただきますように、心からお願いを申し上げます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 この兵庫選挙区がわが党の選挙区候補の中で最も厳しい選挙区ということで、この神戸へ赴いてまいりました。どうか、どうか、この山口那津男の決意をお受け取りいただいて、押し上げていただきますよう重ねてお願いを申し上げます。

 今回の選挙は、令和の時代、新しい時代、初めて行われる国政選挙となります。

 これからの時代をどう形作っていくか、それが問われている極めて重要な選挙であります。そして、いま世界を見渡せば、米中貿易摩擦、あるいは欧州ではEUの離脱をめぐって、いろいろな軋轢(あつれき)が生じております。

 こうした世界の激動のなかで、ともすれば分断、対立の流れが強い。しかし、この日本が、そして世界が平和と安定を保っていくためには、日本こそが対話で協調を生み出して、そして協力の実績をつくる先頭に立っていかなければなりません。

 また国内を見れば、人口減少、少子高齢化がものすごいスピードで進んでいきます。世界の先進国の中で、最も早くこの人口減少、少子高齢化を経験する日本が、どうやってこの難しい課題を乗り越えていくか。

 そうした国内の課題、世界の課題を前にしたときに、この荒波を乗り切るためには、何よりも政治が安定をしなければならないのであります。

 そして、この日本の政治の安定のためには、連立政権に公明党がなくてはなりません。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ