参院選を選挙通が斬る!「注目選挙区はここだ」

 4日に公示され、21日に投開票される参院選。接戦が予想される選挙区も多く、今後の政界の趨勢(すうせい)を占う試金石として、全国から勝敗の行方が注目される区もある。そんな今回の参院選で、政治評論家、ライター、選挙プランナーとして活躍する選挙通3人が、特に注目する選挙区とは…。(江森梓)

 参院選で3人が関心を寄せるのは、自民党一強のなか、共闘する野党がどこまで議席をとれるかという点。最も注目する選挙区として東京選挙区(改選数6)を挙げたのは、政治評論家の小林吉弥さん(77)と選挙ライターの宮原ジェフリーさん(36)だ。

 同選挙区は20人前後が立候補するとみられる全国随一の激戦区。地方の1人区と異なり、各党ともに共闘せず個別に戦う。政権与党の自民や公明のほか、国民民主や立憲民主、共産など野党もそれぞれが候補者擁立を表明しており、「政界の縮図のようだ」と小林さん。

 一方、著書に『沖縄〈泡沫(ほうまつ)候補〉バトルロイヤル』(ボーダーインク)がある宮原さんは、改選数の多い同選挙区では既存の政党に属さない“インディーズ候補”が立候補しやすい点に着目。「既存の政党や政治団体からの支援を受けていなくても、熱い思いがある魅力的な候補者が多い」と語る。

 小林さんと宮原さんはともに、次いで大阪選挙区(同4)を挙げた。同選挙区では、改選前は1人だった日本維新の会が3年前に続いて今回も2人を擁立し両方の当選を目指す。小林さんは「大阪維新の会が圧勝した4月の大阪ダブル選の勢いが残っているかどうかが、明らかになる」と話す。

 これに対し、国政選挙などで数々の陣営の「参謀」として選挙戦略を考えてきた選挙プランナーの松田馨さん(39)が1位に挙げたのは、大阪に隣接する兵庫選挙区(同3)。長年自民と民主が議席を分け合ってきたが、平成25年以降は維新や公明が参入し、激戦区となっている。また、広島選挙区(同2)は、一強時代を象徴するかのように自民が21年ぶりに2人を擁立し議席独占を狙っており、「今後の与野党の力関係を占う選挙」とみる。

 もともと選挙は「まったくの素人」だったという松田さん。知人に選挙の手伝いを頼まれたのがきっかけでプランナーになり、関心を持つようになった。

 選挙の魅力について「選挙の過程を通じて候補者は有権者に鍛えられ、成長してその地域に貢献する。そのプロセスを見ることができるのは非常におもしろい」と指摘。その上で「どの選挙区にもそれぞれドラマや政党間の駆け引きがあるので注目していきたい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ