日韓外相が立ち話 徴用工訴訟で日本の立場伝達

 大阪市で開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席している河野太郎外相は28日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と短時間、立ち話をした。河野氏はいわゆる徴用工訴訟など日韓間の懸案について日本の立場を伝えた。外務省が発表した。

 河野氏は、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた問題をめぐり、日韓の企業による自発的な拠出金で原告に「慰謝料」を支給するとの韓国政府の提案は受け入れられないと伝えたとみられる。北朝鮮問題では引き続き日韓、日韓米で緊密に連携することを確認した。

 立ち話は、河野氏主催の外相夕食会後に行われた。29日まで開かれるG20サミットの期間中、安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談は予定されていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ