菅官房長官、日米安保条約「片務的ではない」

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は27日午前の記者会見で、トランプ米大統領が日米安全保障条約に基づく防衛義務は一方的だと不満を表明したことについて「政府間で条約見直しの話は一切なく、米大統領府との間でも確認している」と強調した。同時に「全体としてみれば日米双方の義務のバランスは取れており、片務的との指摘は当たらない」と述べた。

 トランプ氏は26日、米FOXビジネステレビの電話インタビューで日米安保条約に言及し「日本が攻撃されれば米国は彼らを守るために戦うが、米国が攻撃を受けても日本はわれわれを助ける必要がない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ