元「モー娘。」市井紗耶香氏が参院選出馬表明

 人気アイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーの市井紗耶香(さやか)氏(35)が26日、国会内で記者会見し、夏の参院選比例代表に立憲民主党から立候補すると表明した。4人の子供を持つ市井氏は、当選後は育児政策の充実に取り組む考えを示し、「日本を支えていく子供たちのために頑張ってみようと思って、政治の世界に飛び込む決意をした」と述べた。

 立憲民主党を選んだ理由については「多様性を大切にしているからだ。違いを認め合い、支え合い、尊重し、助け合っていこうという気持ちに共感した」と説明した。育児以外に関心がある政治テーマに原発政策を挙げ「東日本大震災が発生するまで原発についてよく知らなかった。子供を育てる親として不安になっている。原発はゼロにすべきだ」と訴えた。

 記者から「安倍自民党の許せないこと」を問われると、「主婦の目線から話をすると、消費税増税でますます家計が厳しくなっていくと思う。景気に悪影響を及ぼすと思うので、消費税増税はしない方がいいと多くの主婦が思っているのではないか」と答えた。

 「モーニング娘。」時代の仲間には出馬の報告はしていないと述べ「どこかで支えてくれているのかなと思っている」と話した。報告したいメンバーに加入同期の保田圭さんと矢口真里さんの名前を挙げ、「子供たちのためにどういう未来を残していけるかという話をしたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ