青島健太氏が埼玉県知事選出馬 ネット「埼玉の奇祭で歌う姿が見れるのか」

 元プロ野球選手でスポーツライターの青島健太氏(61)が18日、さいたま市内で記者会見を行い、8月25日投開票の埼玉県知事選に立候補することを正式表明した。自民党埼玉県連が13日に出馬を要請。無所属での立候補となる。

 SNSには「頑張れ、応援するぞ」「もし知事になられた楽しみw」などの声。一方、厳しい意見も目立ち、「なにやりたいんだ??」「(経験がないことが強み、というコメントに対して)そんなことないと思うけどね」などとつぶやかれている。

 また埼玉県知事は毎年1月1日に放送される「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」(テレ玉)に出演することが慣例となっており、ツイッターには「そしたら当選したら青島健太が埼玉の奇祭で歌う姿が見れるのか」「青島健太さんが某カラオケ大会に出る日が来てしまうのか!?」「埼玉県知事に当選すると、あの『埼玉政財界人チャリティー歌謡祭』の出演権が付いてくる…4回分」「よし!いまから大トリのための歌唱練習だ」などのユニークな投稿も見られた。

 新潟県出身の青島氏は春日部高校から慶応大学に進学。社会人野球の東芝を経て、1985年にプロ野球・ヤクルトに入団した。89年に現役を引退。その後はスポーツキャスターなどとして活躍した。

 知事選をめぐっては、現在4期目の上田清司知事(71)が15日に不出馬を表明。希望の党を離党した行田邦子参院議員(53)と国民民主党の大野元裕参院議員(55)立候補を表明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ