地上イージス調査ミス 防衛相、秋田配備の方針維持 地元入り検討

 岩屋毅防衛相は11日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を目指す方針を維持する考えを示した。防衛省が同演習場を「適地」とした調査結果の数値に誤りが見つかったことで、秋田市などは反発を強めている。

 岩屋氏は「あってはならないミスだった」と述べ、地元への説明を尽くす考えを示した。「信頼回復のためにできることは何でもしたい」とも語り、自らが秋田市を訪問する意向を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ