辺野古埋め立て、新たな護岸使用 防衛相通知

 防衛省は11日午前、沖縄県に対し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、新たな護岸を使って土砂の陸揚げ作業を行うと通知した。県は国土交通相が取り消した埋め立て承認の撤回が有効だと主張し、工事を中止するよう行政指導する方針だ。

 新たに使用するのは大浦湾南側のK8護岸。これまでは大浦湾北側のK9護岸1カ所で、同県本部町から海上搬送された埋め立て用土砂を陸揚げしていた。

 県はK8護岸での陸揚げを「目的外使用」とも批判しているが、岩屋毅防衛相は「具体的な陸揚げ場所が限定されているわけではなく、問題はない」と反論している。政府は昨年12月から埋め立て区域南側で埋め立て作業を進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ