自民、大岡敏孝氏も注意 丸山穂高氏の糾弾決議採決棄権で

 自民党は10日、森山裕国対委員長名で、北方領土をめぐる戦争の是非に言及した丸山穂高衆院議員に対する糾弾決議採決を棄権した大岡敏孝衆院議員を厳重注意した。大岡氏は「自分に人の品位を糾弾する資格はない」として6日の衆院本会議採決を棄権していた。同様に小泉進次郎衆院議員も注意を受けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ