公明党、東京ドームで大規模集会 参院選に注力

 公明党は5日、東京都文京区の東京ドームで、夏の参院選に向けた決起集会を開いた。関係者によると、集会は2回行い、計約10万人の支持者が動員されたという。党が今年の「二大政治決戦」と位置付ける参院選を前に、異例の大規模集会で結束を呼びかけた。

 公明党は参院選で7選挙区に候補者を擁立し、比例代表で6議席以上の獲得を目指している。出席者によると、集会では東京、大阪両選挙区を除く5つの「重点区」の候補予定者があいさつし、山口那津男代表が「公明党がいるからこそ政治が安定する」などと訴えた。取り沙汰されている衆参同日選への言及はなく、党として参院選に注力していく姿勢を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ