立民と国民が参院選で相互支援を確認

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は4日、国会内で会談し、夏の参院選の相互支援のあり方について協議した。いずれかの公認候補に一本化できた選挙区では相互に支持を要請できることを確認したほか、党籍のない無所属候補については地元の要請に応じて推薦を出せることなどで一致した。

 福山氏は会談後、記者団に「安倍晋三政権を倒すために国民民主党と立憲民主党の支援者が力を合わせて戦う状況をつくっていく」と語った。

 これを受け、立憲民主党は4日の常任幹事会で、改選1人区で野党統一候補となった5人の推薦を決めた。推薦候補は次の通り。(新は新人、現は現職、敬称略)山形選挙区=芳賀道也、和歌山選挙区=藤井幹雄、香川選挙区=尾田美和子、大分選挙区=安達澄(以上新)、広島選挙区=森本真治(現)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ