憲法論議推進を参院選の争点に 自民・下村氏

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長は2日、東京都内で街頭演説し、憲法論議推進の是非を参院選の争点にしたい考えを示した。国会の憲法審査会が停滞していると指摘し、「議論を積極的に前へ進める議員を選ぶのか、反対する議員でいいのか。国会で議論しなければ国民の関心は深まらない」と述べた。

 報道各社の世論調査でも議論すべきだとの回答が多いとして「タブーをなくし、国民の意識を高める環境をつくりたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ