トランプ米大統領、専用機で帰国の途

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は28日、海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、停泊中のいずも型護衛艦「かが」を視察した。米大統領が海自艦艇に乗艦するのは初めて。両首脳は海自と米海軍の隊員約500人に訓示し、日米同盟の結束を国内外に発信した。トランプ氏は同日、一連の滞在日程を終え、メラニア夫人とともに大統領専用機で羽田空港から帰国の途に就いた。

 首相は訓示で「日米同盟は私とトランプ氏の下でこれまでになく強固なものとなった。この艦上にわれわれが並んで立っていることがその証しだ」と述べた。

 いずも型は「いずも」と「かが」の2隻があり、政府は短距離離陸・垂直着陸のステルス戦闘機F35Bを運用できる事実上の空母に改修する方針だ。トランプ氏は日本が米国からF35を105機購入することや、かがの空母化改修に触れ、「米国の安全保障をも向上させるもので、首相の尽力に感謝したい」と語った。

 トランプ氏はこの後、首相と別れ、ヘリで同じ横須賀港の米強襲揚陸艦「ワスプ」に移動。艦上で米軍将兵を前に演説し「米第7艦隊はインド太平洋地域全体の現状を維持し平和を守っている」とたたえた。「力による平和」の考えに基づき「世界最強」の米軍が地域や地球規模の安全保障に寄与していくと強調した。

 これに先立ち天皇、皇后両陛下は、トランプ氏が宿泊していた東京都千代田区のホテルを訪れ、お別れのあいさつをされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ