「同盟の絆さらに強固に」 安倍首相、党役員会で日米会談など報告

 安倍晋三首相(自民党総裁)は27日の党役員会で、トランプ米大統領の訪日に関し「新しい令和の時代に、日米同盟の絆をさらに強固なものとしていくメッセージを内外にしっかりと発信したい」と強調した。

 首相は26日のゴルフや大相撲観戦、炉端焼き店での夕食を通じ、トランプ氏と「大変リラックスした雰囲気の中で、貿易や北朝鮮問題、中東情勢など率直な意見交換ができた」と強調した。

 27日に行われた日米首脳会談に関しては「北朝鮮をはじめとする世界が直面する問題や日米経済、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の成功に向けて、2人だけの会談も含め突っ込んだ議論を行った」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ