トランプ氏「帰国へ解決したい」 拉致被害者家族に決意

 トランプ米大統領は27日、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会で「あなた方の娘、息子、母を取り戻すようわれわれはともに取り組む。帰国させるように努力したい」と述べた。

 トランプ氏は拉致問題について「いつも頭の中にある」と話し、安倍晋三首相が拉致問題を重視し、解決に向けた協力を要請されていると紹介。「ぜひ解決したい」と重ねて強調した。

 同席した安倍首相は、トランプ氏が2月の北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談で拉致問題を提起したことを説明し、「トランプ氏は皆さまのお気持ちに沿って外交努力をしている」と語った。

 この後、拉致被害者の家族を代表して、田口八重子さん(63)=拉致当時(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(42)が「家族のもとにいち早く返していただけるよう努力をお願いしたい」と述べ、トランプ氏に協力を要請した。続いて、横田めぐみさん(54)=同(13)=の母、早紀江さん(83)も解決に向けた協力を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ