日米首脳、朝・昼・夕食も一緒

 安倍晋三首相は26日、令和初の国賓として来日中のトランプ米大統領と東京・両国国技館で大相撲夏場所千秋楽を観戦した。外務省によると、現職の米大統領が大相撲の本場所を観戦するのは初めて。トランプ氏は、新たに創設した「米国大統領杯」を幕内優勝した朝乃山に贈呈した。両首脳は千葉県茂原市で共通の趣味のゴルフを楽しんだほか、食事を3度ともにしながら貿易など日米の課題について意見を交わした。

 首相とトランプ氏は、国技館で昭恵、メラニア両夫人と正面升(ます)席に設けられた椅子に並んで座り、取り組みを五番観戦した。

 表彰式では、首相が内閣総理大臣杯を授与した後、トランプ氏がスリッパを履いて土俵に上がり、英語で表彰状を読み上げた後、米国の国鳥であるワシをあしらった米国大統領杯を授与した。

 これに先立ち、両首脳は千葉県茂原市の「茂原カントリー倶楽部」でゴルフを楽しみ、その前後には朝食と昼食をともにした。首相はゴルフ場に向かう前、首相官邸で「新しい令和の時代も日米同盟をさらに揺るぎのないものとしていきたい」と記者団に語った。

 さらに首相は26日夜、昭恵夫人とともに、東京・六本木の炉端料理店でトランプ氏夫妻をもてなした。

 首相は同店で記者団に「令和時代の初めての国賓としてトランプ氏とメラニア夫人に来日していただき大変うれしく思う。リラックスしながらさまざまなことについて議論を行いたい」と述べた。

 トランプ氏は、首相と貿易や安全保障問題を議論したことを明らかにし「とても実り多い日だった。明日も実りの多い日となるだろう」と述べた。さらに「相撲をずっと見たかった。本当にすばらしかった」と述べ、笑顔をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ