枝野氏「CM規制優先を」 国民投票法改正審議で

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日、憲法改正の是非を問う国民投票をめぐり、衆院憲法審査会ではCM規制の審議を優先するよう改めて主張した。甲府市で記者団に「国民投票法に重大な欠陥があることが明らかになっている。結論を出すのは当たり前だ」と述べた。

 日弁連やインターネット事業者からの意見聴取も要求。立民が求める枝野氏と船田元・衆院議員の参考人招致については「一番先に呼んでもらうのが適切だが、順番はこだわらない」と語った。

 憲法審は、自民党が国民投票の利便性を公選法にそろえる改正案採決を提案。立民はCM規制の審議を優先するよう求め、平行線になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ