岩屋防衛相「日露の外交・安保に影響ない」 丸山氏発言

 岩屋毅防衛相は21日の記者会見で、丸山穂高衆院議員が北方領土の返還をめぐり戦争の是非に言及したことに関し、日露間の外交・安全保障に影響はないとの認識を示した。「極めて不適切だったが一議員の発言であり、政府の立場とは全く相いれないものだ。それはロシア側もよく理解していると思う」と述べた。

 日露両政府は今月末に外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を東京で開催する予定。

 岩屋氏は、日本維新の会を除名された丸山氏をめぐり自民、公明両党が反省を促す譴責(けんせき)決議案を、立憲民主党など野党6党派が辞職勧告決議案を国会に提出したことについて「議員の身分についての考え方の相違だと思うが、いずれにしても立法府で判断されることだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ