立憲民主の会合で国士舘大・百地氏が旧宮家の皇籍取得説明

 立憲民主党は16日、「安定的な皇位継承を考える会」の会合を国会内で開き、国士舘大の百地章特任教授から意見を聞いた。山尾志桜里衆院議員によると、百地氏は旧宮家の男系男子の皇籍取得などの論点について説明した。同党は6月上旬をめどに女性宮家の創設、女系天皇・女性天皇の可否、退位制度の恒久化を中心に提言を取りまとめる予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ