維新・松井代表が北海道訪れ謝罪意向、丸山議員問題で

 日本維新の会代表の松井一郎・大阪市長は16日、戦争による北方領土返還を元島民に質問したとして、党を除名処分とした丸山穂高衆院議員について、辞職勧告決議案を立憲民主党と共同提案したい意向を示した。近く北海道を訪問し、丸山議員の質問を受けた交流訪問団の団長に、政党として直接謝罪したいとも述べた。市役所で記者団の取材に答えた。この後、遠藤敬国対委員長が国会内で立民に申し入れた。

 松井氏は、立民から辞職勧告決議案が必要という提案を受けたことを明らかにした上で、維新単独では人数が足りないと説明。「共同提案という形をとりたい」と話した。

 丸山議員はツイッターなどで、決議案が可決されても議員辞職するつもりはないと発信している。

 これに対して松井氏は、「残念だ。政治家として一線を越えた間違いで、責任をとるべきだ。けじめをつけ、出直すことがプラスになる」と改めて辞職を促した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ