維新が自民の国会資料ペーパーレス化骨子案に不快感

 日本維新の会の遠藤敬(たかし)国対委員長は16日の記者会見で、自民党がまとめた国会資料のペーパーレス化に向けた衆院規則改正の骨子案を念頭に、「一部の党があたかも自分たちの功績のようにしているが、国会でペーパーレス化が見向きもされなかった状況から盛り上げたのは維新だ」と不快感を示した。

 維新の発案を自民党にさらわれたとの認識があるとみられる。

 国会同意人事に関し、現行では非公開の所信聴取対象者に対する質疑を、原則として公開する自民党の改革案についても「もともと与党はオープン化に反対していた」と主張。国会での議論が公開化へと進んだ背景には野党側の尽力があったと強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ