公明・北側副代表 “改憲解散”に否定的

 公明党の北側一雄副代表は16日午前の記者会見で、憲法改正議論の停滞状況を打破するため自民党内の一部に改憲議論の是非を問う形で衆院を解散する考え方が出ていることについて「極めて一部の話ではないか。国民にとって改憲の機運は盛り上がっていない」と否定的な見方を示した。

 その上で「(衆参の)憲法審査会で議論を積み重ねていくことが大事だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ