参院、天皇陛下即位で賀詞 衆院に続いて議決

 参院は15日の本会議で、天皇陛下の即位に祝意を示す「賀詞」を全会一致で議決した。共産党も出席して賛成した。9日に同趣旨の賀詞を採択した衆院と同様、即位直後に賀詞を議決したのは憲政史上初めて。

 平成の際の賀詞は、昭和天皇逝去に伴う平成元年1月の皇位継承時ではなく、2年11月の「即位礼正殿の儀」に合わせて議決した。

 賀詞は次の通り。

 天皇陛下におかせられましては、風薫る良き日にご即位されましたことは、誠に歓喜に堪えないところであります。

 天皇皇后両陛下がご清祥であられ、令和の時代が悠久の歴史に新たな希望と光を添えるものとなりますよう心からお祈り申し上げます。

 ここに参議院は、国民を代表して、院議をもって謹んで慶祝の意を表します。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ