「領土・主権展示館」の虎ノ門地区移転を発表

 宮腰光寛領土問題担当相は7日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)や竹島(島根県隠岐の島町)が日本固有の領土であることを発信する政府の「領土・主権展示館」を、東京・日比谷公園の市政会館から虎ノ門地区へ移転することを決定したと発表した。年明けの移転を目指す。

 宮腰氏は「領土、主権問題に関するわが国の正確な立場について、内外発信を一層強化する」と述べた。

 移転先は「虎の門三井ビルディング」(千代田区霞が関)の1階。施設の大きさは、市政会館の約100平方メートルから約700平方メートルへ大幅に広がる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ