首相が22~29日に米・欧州歴訪 日米会談で北朝鮮問題を協議へ

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、安倍晋三首相が22~29日の日程で欧米諸国を訪問すると発表した。米国ではトランプ大統領と会談する予定で、菅氏は「北朝鮮を含むさまざまな議題について意見交換し、日米同盟の絆をいっそう強固なものにする」と語った。

 米国訪問は26~27日で、非核化交渉が事実上決裂した米朝首脳会談を踏まえて対北朝鮮政策をすり合わせるほか、日本人拉致問題の解決へ米側に改めて協力を要請する見通し。日米貿易交渉についても議題になるとみられる。その後はカナダを訪れる。

 首相は米国訪問に先立ちフランス、イタリア、ベルギーを訪問する。東欧4カ国で構成するヴィシェグラード4カ国(V4)の議長国であるスロバキアも、日本の首相として初めて訪れる。

 菅氏は今回の欧米訪問で「先進7カ国(G7)各国と、(6月に大阪で開かれる)20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)成功に向けた緊密な協力を確認する」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ